パチスロ

【南国育ち-30】スペック・出玉率・打ち方などの基本情報

南国育ち-30

スロット「南国育ち-30」のスペック、出玉率(機械割)、打ち方などの基本情報を紹介する。

 

スペック

設定 初当り 機械割(出玉率)
1 1/354.7 ー%
2 1/339.5 ー%
3 1/328.7 ー%
4 1/316.8 ー%
5 1/308.0 ー%
6 1/298.6 ー%

ポイント

  • 擬似ボーナス連チャンタイプ
  • ボーナスは1Gあたりの純増約6.2
  • BIGは40G継続、REGは20G継続、エンディングボーナスは有利区間完走
  • ボーナスのラスト8Gで蝶ランプが光れば1G連確定
  • 蝶ランプ点灯時にスーパーラッキーも点灯すれば1Gループ率90%超

南国育ち-30は、1Gあたりの純増6.2枚の擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やしていくAT機

レバーON時にキュインとなってパトランプが光ればボーナス確定。ボーナスは40G継続するBIG、20G継続するREG、有利区間完走が濃厚となるエンディングボーナスの3種類で、BAR揃いならエンディングボーナスの可能性大だ。

ボーナスの残り8Gから「バタフライゾーン」に移行し、0Gになるまでにリール窓の左にある蝶ランプが光れば1G連確定。蝶ランプが光ったタイミングで「スーパーラッキーランプ」も点灯すれば、以降1G連が90%以上でループするので、有利区間完走も十分狙える。

 

打ち方

南国育ち-30の通常時は、左リールにチェリーを狙い、残りのリールを適当打ちでOK。南国育ち-30は4thリールを採用しているので、ストップボタンも4つ押す必要がある。

-パチスロ

© 2021 FULL SPEC|急所を突くパチンコパチスロ攻略