パチンコ ボーダー・遊タイム

【P火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)】遊タイムの期待値とボーダーライン

P火曜サスペンス劇場 最後の推理

パチンコ「P火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)」(銀座・Sammy・2021年8月2日導入)の天井機能である「遊タイム性能」「遊タイム狙いの期待値」、期待値がプラスマイナス0である「ボーダーライン」、そして大当り確率などの「スペック」を紹介する。

遊タイム性能

遊タイムは非搭載

P火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)は天井機能である遊タイムを搭載していないので、どれだけはまっても遊タイムに突入することはない。

遊タイム狙いの期待値

遊タイム狙い(はまり台狙い)の期待値はなし

P火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)は先述したとおり遊タイムを搭載していないため、遊タイム突入を狙ったはまり台狙いをしても期待値はない

後述する換金率に応じたボーダーラインを把握して、期待値がプラスになる台を見つけ出そう。

ボーダーライン(換金率別)

換金率 ボーダーライン
3円 ー回
3.3円 ー回
3.5円 ー回
4円 ー回

P火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)のボーダーライン(12時間打って期待値がプラスマイナス0になる1000円あたりの回転数)は準備中。

スペック

P火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)は大当り確率1/319.7の確変転落タイプ。ただし、初当りの90%は200回の時短に移行し、そこで引き戻せば確変に突入するという突破型となっている。

確変中の電サポは120回or220回で、規定回数まで確変が継続していれば転落or大当りまで電サポは継続する。また、通常時から突入する100回の時短(突然時短)を搭載している。

遊タイムは非搭載なのではまり台に期待値はない。

火曜サスペンス劇場 最後の推理(火サス)のスペック
大当り確率 通常時 1/319.7
確変中 1/112.2
確変転落確率 1/307
確変突入率 ヘソ 10%
電チュー 100%
遊タイム 非搭載
大当り割合(ヘソ) 10R確変 10%
4R+時短200回 90%
大当り割合(電チュー) 10R確変 100%
大当り出玉 4R 650個
10R 1500個

©NTV 大映テレビ ©ホリプロ ©東宝芸能 ©山村美紗オフィス ©Sammy

-パチンコ, ボーダー・遊タイム

© 2021 FULL SPEC|急所を突くパチンコパチスロ攻略